トップ > 売れる写真撮影 > モデルを使った物撮りのメリット

モデルを使った物撮りのメリット

モデル撮影は服を着せて撮影するだけ、ではありません。日用品や、アクセサリーなど、商品を手に取り一緒に撮影することもあります。モデルに商品を持たせることで、使用イメージやサイズ感が一段と伝わりやすくなり、「商品を手にとることができない」というECショップのデメリットを解消することができます。商品単体だけの写真とモデルを使った商品写真のイメージの違いと、モデルを使う際に気をつけたい撮影ポイントをご紹介します。

1.モデルで伝える「サイズ感」

商品の大きさは様々です。実際に商品を身につけた写真では、その「サイズ感」を伝えることができます。サイズ感は、"手を写真にいれること"がポイントです。手のサイズは一番身近にある大きさの基準なので、サイズのイメージがつきやすいです。男性向けの商品であれば、男性モデルに持たせる方がより購入時のイメージが湧きやすくなります。モデルの手の動きにも気をつけ、商品の持ち方や指の揃え方、手の角度など、商品が隠れすぎないように商品も手もきれいに見える写真を撮影していきたいですね。
   

2. モデルで伝える「使用イメージ」

モデルを使えば、商品の「使用イメージ」も簡単に伝えられます。何をしようとしているのか、”商品の全体像”がわかるようなフレーミング、使用している”商品の動き”がわかるカメラアングルから撮影しましょう。ライティングをしているので、カメラ位置は基本的に固定して撮影。モデルと商品の位置や動きを変えながら撮影していきます。身体も一緒に撮影することで、身体に対する商品の大きさがわかるようになります。極端に小さい商品で身体全体を写し込むと、商品が小さくな写り、わかりにくい写真となってしまうので、身体をどこまで写し込むのかよく見極めましょう。
 
同じタンブラーでも仕様が違います。モデルを使えば、手に持った時のサイズ感と合わせて、それぞれの商品の特徴を掴む写真を撮影できます。
 
一見何の商品かわからないものでも、モデルの身体を写真に取り入れ、使用イメージを伝えられます。

3.使い方がわかりにくい商品にはモデル撮影が最適

商品単体での撮影だけでは、どう使用するのかわかりにくいもののひとつに、「リラックスグッズ」があります。使い方も様々なうえに、どの部分を身体のどこに使用するのか、商品の形状がどう変わるのかなど、とても表現しにくいです。モデルを使えば、それらをすべて表現することができます!撮影例をみてみましょう。
商品単体を置いて撮影するよりも、形状もわかりやすく、身体と比較させることでどのくらいのサイズ感なのかがわかります。指先を揃え、モデルの立ち方、口元にも気をつかいながら撮影すると、商品もきれいに見え、印象が良くなります。
しかしこの写真だけでは「どのように使用するのか」が伝わりにくいです。
 
こちらはどうでしょうか。 手に持っただけの写真と比べると、様々な部位をほぐせるリラックスグッズをアピールできています。サイズ感、持ち方、使い方、全てわかるようになりました。複数の写真を並べることにより、商品がどのような特徴を持つのか、写真だけで伝えることができます。

4.まとめ

今回はモデルを使い、商品単体の写真では伝わらないサイズ感や特徴をわかりやすく撮影する方法をご紹介しました。商品の使用イメージがグッと伝わりやすくなるモデル撮影は、サイト内で目立ちやすく、購入を検討するお客様の参考になるはずです。商品の見え方とモデルの手の動き、身体の動き、表情にも気をつけながら、いつもの写真にプラスして撮影してみてください。

売れる写真撮影を撮るためのノウハウ集

撮影コース選択
商品数
オプション選択
合計金額 円(税抜)

申し込む

売れる写真を撮るためのノウハウ

お客様の声

トルソー

モデル募集

スタッフブログはじめました


ページトップへ